マイペースルーム

家族3人の日常を綴っていましたが、昨年夫が突然旅立ちました。
今はまだ苦しいです・・・でもいつの日か・・・という思いで書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

復興

2011.03.30 (Wed)

2011年3月11日 午後2時46分 恐ろしいほど大きな地震が起きました。
私が住んでいる秋田では震度5強。


会社にいた私はもう訳がわからなくて、
立っているのがやっとで、
どんな行動をしていたのかあまり覚えていません。

社長が出先からすぐに戻り
「今日はもう帰っていいよ」と言ってくれたので
すぐに実家に行きました。
そして幼稚園に電話してあっちゃんの無事を確認し
バスに乗って実家に向かっていると聞いたのでバス到着をしばらく待ちました。

バスからあっちゃんが降りてきた時は
一安心して抱きしめましたが、あっちゃんは怖がる事もなく元気そうで
「なんでママがいるの?」ときょとんとしてました。

停電と余震でおじいちゃんもおばあちゃんも不安だったので
その日は家族で実家に泊まりました。。。




翌日から被害の状況が続々と伝えられ
もう何がなんだかわからず、現実だと受け止められなくて
怖くて、不安で、悲しくて・・・

でも、私達家族は一緒にいられた。
友人たちも被害もなくみんな生きている。
家も食べ物も暖もある。
こんな状態で悲しいだなんて言ってる私は大馬鹿者。



ママを探している子供、
孫を探しているおじいちゃん、
何万人の人が亡くなって、そのすべての人達分の家族が悲しみに包まれて・・・

もう何も言えません。
頑張れなんて言えないよ。

亡くなった全ての人を家族の元に帰して・・・





少しずつ復旧作業が進む中、原発という新たな事故でなかなか気持ちが落ち着かない。

でも立ち止まってはいられないよね。

テレビの向こうで被災者の方々が「頑張る」と言ってるんだから・・・
涙流しながら「必ず復興を」と言ってるんだから・・・

私も少なからずだけど、募金や救援物資を出させてもらいました。
そしてできる事は節電、買い占めをしない事。
今はこれしかできないけど、できる事をやります。

あっちゃんが大きくなった時
「日本中の人が、みんなが力を出して乗り越えたんだよ」
「世界中の人が応援してくれたんだよ」
としっかり伝えられるように・・・



西日本の皆様、どうか東北が元気になるよう
自粛などと言わずに生活してください。
経済が活性化しなければ、みんなが共倒れになってしまう。
音楽でもスポーツでも笑いでも何でもいい。

どんどんパワーを送ってください。
お願いします。 ★

<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

あっちゃん 7歳

カテゴリ

最近の記事+コメント

カレンダー

10 | 2017/11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。