マイペースルーム

家族3人の日常を綴っていましたが、昨年夫が突然旅立ちました。
今はまだ苦しいです・・・でもいつの日か・・・という思いで書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天国へ

2012.02.08 (Wed)

平成24年2月4日午前7時40分
17歳
ぷっちゃんが天国へ旅立ちました。



まだ目が見えていないくらい小さな小さなぷっちゃんは
パパと出会い私達の家族となりました。
ミルクを飲ませて、ティッシュでおしっこをさせて・・・
猫を飼うのが初めてだったし、分からない事だらけで育てました。

思いはいっぱいあります。
いっぱいいっぱいありすぎて書けません。


亡くなる1週間くらい前から、足のふらつきがありました。
同時に昼夜鳴くようになりました。
何か変かも・・・と思いましたがご飯は食べていました。
でも、4日くらい前から食べなくなり水も飲まなくなり病院に連れて行きました。
先生から「今日明日だと思います」と告げられ、覚悟するには突然すぎました。

数年前から腎臓疾患があり食事療法をしていましたが、
血液検査の結果ではその数値が高すぎて生きているのが不思議なくらいだと言われました。
昨年の9月に血液検査をした時より、はるかに数値が上がっていました。

亡くなる日の未明、もう自力では立てないのに何度か起き上がろうとしていました。
そして口を動かしていました。
「ぷっちゃん、ぷっちゃん」って何度も声をかけていました。
そんな中、パパとママに最後の声を聞かせてくれました。
力を振り絞って、1回だけ、「アオン・・・」って鳴いてくれました。

そしてあっちゃんが起きてきた10分後の7時40分に天国にいきました。
家族に見守られて、ぷっちゃんがいつも寝ていたパパの布団で、パパの隣で眠るように旅立ちました。


冷たくなったぷっちゃんを何度も抱っこしました。
パパもあっちゃんも・・・
家の中を全部連れて歩きました。
この家を建てて10年、ぷっちゃんが一番この家に居たし、最後のお別れをしました。

3人とも泣いて、泣いて大変な状態でしたが
あっちゃんが泣きながら「パパ!ママ!手を出して」と言いました。
私もパパもよく分からずに手を差し出したら、その手を重ね合わせて
あっちゃんが大きな声で叫びました。
「がんばろう!」って・・・・
ぷっちゃんがいなくなって、家族が3人になっちゃったけど、頑張ろうと言う意味でした。

まだ6歳になったばかりのあっちゃんに救われました。
「そうだ、がんばらないといけないんだ」って思わされました。




ぷっちゃん・・・・私たち家族はあなたがいなければできていない家族でした。
長い、長い幸せな時間を過ごさせてくれてありがとう。
大好きだよ。愛してるよ。

DVC00249.jpgDVC00217.jpgDVC00230.jpg
DVC00242.jpgDVC00260.jpgDVC00165.jpg
888DVC00012_convert_20120208115823.jpg88DVC00057.jpg88DVC00047.jpg


DVC00297.jpgDVC00311.jpg
DVC00323.jpg8DVC00014_convert_20120208103235.jpg

ぷっちゃん、ママ泣き虫だけどごめんね。
だって、もうごはんもトイレもコロコロもしなくなるんだよ。
17年、毎日してきたんだから・・・
休みの日だっていつもぷっちゃんがいたんだから・・・
お昼寝する時は必ずそばにいたんだから・・・
今度産まれてくるときは、ママの子供で産まれてきて・・・

しばらくは辛いだろうけど、みんなでがんばるから・・・









天国で私達家族を見守ってください。
本当にありがとう。
またいつか家族になろうね。
あっちゃんが折った家族鶴と家族絵と一緒に天国へ昇っていきました。

DVC00003_4.jpg
8DVC00005.jpg





<< 前の記事へ | HOME | 次の記事へ >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL

 | HOME | 

あっちゃん 7歳

カテゴリ

最近の記事+コメント

カレンダー

10 | 2017/11 |
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

リンク

ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。